So-net無料ブログ作成
展覧会などの情報 ブログトップ
前の10件 | -

切手・人形の楽器たち [展覧会などの情報]

現在浜松市の楽器博物館で開催されている(1月14日までやっています)、「切手・人形の楽器たち」という企画展に行ってきました。

この展覧会では、各国の「音楽を演奏している人々」を題材にした人形や切手が展示場の一角で展示されています。いずれも可愛かったり、ユーモラスだったりといろいろですが、その土地ごとに個性的です。あまり見たことのないチュニジアの人形や、アジア各国の人形などがありました。ナイトミュージアムの「小さなヒーローたち」を思い出しました。

今回はまた、楽器博物館でのんびりできる時間があったので、いろいろな楽器の視聴コーナーを多く体験しました。マンドリンの音色が特にきれいでよかったです。

なお、楽器博物館では今後、ピレネー山脈付近の少数民族の音楽をテーマにした講座が行われるそうです。1月15日(月)の夜7時と1月29日(月)の夜7時に行われるそうです。下にウェブページを張っておきます。

http://www.gakkihaku.jp/event/eventschedule/

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

新年の展覧会 [展覧会などの情報]

1月~3月くらいまでにいくつかの展覧会があるので、それらを紹介したいと思います。

じゃじゃん。まずは1つ目です。

1.「ターナーからモネへ」(1月28日まで)静岡市美術館(県立美術館ではない)
ウエールズ博物館にコレクションされているフランス美術の展覧会です。印象派が展示の中心のようです。不覚にも私はまだ行っていません。1月のうちに行っておきたいです。

どーん。続いて2つ目です。

2.「レオナルドダヴィンチと『アンギアーリの戦い』」(1月13日~3月25日)名古屋市博   物館
謎に満ちたダヴィンチの壁画「アンギアーリの戦い」、さらにミケランジェロの作品も展示されるそうです。超大物感満載の展覧会です。
http://www.museum.city.nagoya.jp/exhibition/special/past/tenji171001.html

では、3つ目へ行きましょう。

3.「シャガール3次元の世界」(12月14日~2月18日)名古屋市美術館
世界史の授業ではあまり登場しませんが、20世紀に活躍したシャガールの展覧会です。シャガールというと青いステンドグラスが知られているかもしれませんが、今回は絵と陶器が中心の展覧会のようです。
http://www.chunichi.co.jp/event/chagall/detail.html

実は4つ目もあります。

4.「ウイリアム・モリス」(2月17日~3月25日)豊橋市美術博物館
ウイリアム=モリスは社会主義思想家であり、人々の手に・日常に芸術を取り戻すべきだと考えた人物です。(『民衆の芸術』は読んでみてもよいと思います)。そんなモリスのいろいろなデザインの展覧会で、家具などがみられるそうです。


民衆の芸術 (岩波文庫 白 201-2)

民衆の芸術 (岩波文庫 白 201-2)

  • 作者: ウィリアム・モリス
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 1953/04/05
  • メディア: 文庫



http://www.toyohashi-bihaku.jp/?page_id=6715

今年もいろいろ見てきたいと思います。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

パリジェンヌ展 [展覧会などの情報]

名古屋のボストン美術館で開催されている「パリジェンヌ展」に行ってきました。

この展覧会は、パリジェンヌ、すなわちパリに生きた女性たちとその生活を、絵画やポストカード、衣服などの展示を通して明かしていこうとするものでした。また、パリの風俗も感じ取ることができました。

時代は18世紀後半から20世紀まで。フランス革命を経てナポレオンが登場し、その後ウィーン体制へ、さらに七月革命、二月革命がおこり・・・・・・と教科書的には続いていくあたりです。しかしながら、その時代の女性のファッションや暮らしはあまり扱われないところでしょう。

最初に、フランス革命前夜の女性の衣服や髪形などを紹介。面白かったのが、戦艦をかたどった女性の髪形。この髪型で学校に来た生徒がいたらどうしてくれよう、という強烈な髪形です。

次は19世紀ころのパリでの女性の暮らしです。時代的には、ナポレオン後フランスが再び絶対王政的な世に回帰しそうになり七月革命や二月革命が起こっていく頃です。ユーゴーの『レ・ミゼラブル』の時代でもあります。まさに女性の地位が低かった様子がいろいろな作品を通して浮かび上がってきます。「女性が創作活動に熱中するあまり、子供が水桶で犬神家状態になっているのにも気づかい」という幾分シュールで怖い風刺画もありました。

その後、19~20世紀の装飾品、実際のパリのポストカード、20世紀の女性たちと続いていきます。絵画だけでなく服などの実物もアクセントを添えています。

社会の様子、風俗に迫る雰囲気の出た良い展覧会でした。

以下にウェブページのアドレスを張っておきます。
http://www.nagoya-boston.or.jp/exhibition/list/parisienne-201706/outline.html


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

大エルミタージュ美術館展 [展覧会などの情報]

栄駅近くの「愛知県立美術館」で開催されている、「大エルミタージュ美術館展」へ行ってきました。
エルミタージュとは「隠れ家」という意味で、そこでロマノフ朝の皇帝エカチェリーナ2世が美術に囲まれ、時には文化人を招いた、そんな場所です(1)。

今回の展覧会では、17世紀を中心に、各地の絵画を地域ごとに展覧してありました。イタリアに始まり、ネーデルラント、フランドル、スペイン、フランスなど多くの地域の絵を見ることができました。それぞれの地域や様式の差異を見比べられるのが大きな魅力です。

イタリアのヴェネツィアの様子、バロックの暗さと光、スペインのカトリック熱など見るところが多いです。教科書でみられる人物としては、レンブラント、ブリューゲル、ヴァトー、ルーベンスなど。前に静岡県立美術館に来たユベール=ロベールも2点ありました。私はアールト・ファン・デル・ネールという人の「月明かりの川の風景」という作品が印象に残りました。夜の明かりは月だけ、というのが素敵です。絵のうまさのみならず、よい景色を切り取っているなぁと。

私は王様にあこがれてはいませんが、これらに囲まれたエカチェリーナ2世はうらやましく感じます。

暑い夏に、皇帝の気分で冷房の効いた「隠れ家」にて絵画鑑賞、なんてのもいいのではないでしょうか?開催期間は9月18日までだそうです。



(1)井出洋一郎(監修)『世界の博物館 謎の収集』青春出版社、2005、pp160-1.
nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:アート

夏の美術展 [展覧会などの情報]

夏休み期間に開催されている美術展を2つ紹介したいと思います。

1.「ボストン美術館 パリジェンヌ展」(6月10日~10月15日)(名古屋ボストン美術館)

名古屋の金山駅のすぐ近くにある「ボストン美術館」で開催されます。18~20世紀にパリに生きた女性たちを題材にした展覧会だそうです。様式的にはロココから印象派まで、広く扱われている模様です。注目点は、絵だけでなく衣装などの展示もあることです。

2.「大エルミタージュ美術館展」(7月1日~9月18日)(愛知県立美術館)

名古屋の栄駅の近辺にある「愛知県立美術館」で開催されます。皇帝がロシアをおさめていたころのロシアの首都サンクト=ペテルブルク(ペテルブルク)。そこにあるのがエルミタージュ美術館です。その美術館を育て上げたのがあのエカチェリーナ2世だそうです。今回の展覧会では、ヨーロッパ各地、各時代の名画が一堂に会するようです。紹介のページ(http://www.ctv.co.jp/event/hermitage2017/works.html)を見ているだけでワクワクするラインナップです。

学生の方ならば、夏休みの平日に行くのが、比較的すいているのでお勧めです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

エジプト展へ行ってきました [展覧会などの情報]

2017042211100000 (1).jpg



静岡県立美術館で開催されている「黄金のファラオと大ピラミッド展」へ行ってきました。やはりエジプト展は人気が高いようで、比較的混んでいました。世界史ファンとしてはうれしく、じっくり見るにはややつらいという状態です。

今回の展覧は古王国時代と中王国時代が主でした。ますは、古王国時代の王(ファラオ)の像が展示されていました。目がどことなくユーモラスな感じもありますが、いずれも迫力のある像でした。その後、中王国時代の展示もありました。中王国というと異民族ヒクソスの「侵入」が世界史ではメインになりますが、それ以外の豊かな顔を見ることができました。

その次には、王だけでなく役人の像や、仕事をする人々の像、女性の装飾品などが展示されていました。それらを見ると、古代エジプトがいかに組織された役人集団を持っていたかがよくわかります。また、個人的には、エジプトのゲームの展示が、「遊戯王」を思い出させてくれてなかなか良かったです。ゲームが進行と結びついているのも興味深い。

あと、ミイラの臓物をいれておく「カノポス壺」や石碑などのエジプト展定番の品物も多くみられました。最後の映像シアターも迫力があってよかったです。

お土産コーナーは定番のパピルス(古代エジプトの紙)やスカラベのほか、像やピラミッドの模型など、授業で活用しても楽しそうなものが多く売られていました(私は、ミニパピルス、神聖文字の書かれた下敷き、ミイラの模型をかいました)。

結構混むとは思いますが、一度訪れる価値は十分にあると思います。

ウェブページのアドレスを張っておきます。
http://spmoa.shizuoka.shizuoka.jp/exhibition/detail/6

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

平成29年度 展覧会紹介1 名古屋市博物館編 [展覧会などの情報]

今年度の世界史系展覧会を紹介したいと思います。まずは、28年度に「シュリーマン展」などで世界史ファンを魅了した名古屋市博物館から行きたいと思います。

特別展 レオナルド・ダ・ヴィンチと「アンギアーリの戦い」展 平成30年1月~3月25日

いきなり来年の一月の話で恐縮です。私はこの作品に詳しくはないです。サイトによると「アンギアーリの戦い」の壁画は失われた作品のようです。その作品の秘密の顔に迫る、直筆原稿などを含む資料が展示されるようです。そのほか、日本初公開のダヴィンチの作品や、ミケランジェロの作品も展示されるそうです。早くも来年が楽しみですね。

今年度は実は、浜松市美術館改装のために展覧会が減っているという残念(改装はいいけれども)なこともあるのですが、ほかの美術館で世界史系展覧会がないわけでもないので、それらも紹介していきたいと思います。

下に、ウェブサイトのアドレスをはっておきます。
http://www.museum.city.nagoya.jp/exhibition/special/lineup/index.html
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

エジプト [展覧会などの情報]

カイロ博物館の貴重な品々が静岡で展示されるようなので、ご紹介いたします。

その名も「黄金のファラオと大ピラミッド展」です。場所は静岡県立美術館。期間は4月9日から6月25日までです。サイトによると、黄金のマスク、装飾品、像などが展示されるようです。

混みそうな感じなので、大型連休や日曜日よりは、土曜日に行きたいと思っています。きっと授業で活用できるパピルス(古代エジプトの紙)や神々の像などを手に入れることもできるのではないでしょうか、と思っています。

なお、そのほかの博物館も徐々に年間スケジュールをUPし始めています。それらもまた皆様にご紹介していきたいと思います。

以下に、本展覧会のウェブページのアドレスを張っておきます。
http://spmoa.shizuoka.shizuoka.jp/japanese/exhibition/kikaku/2017/01.php
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

新年の展覧会 [展覧会などの情報]

新年に行われる展覧会を2つ紹介いたします。

1.「ユトリロ回顧展」(名古屋の松坂屋)1月2日~2月20日。
ユトリロは、世界史の教科書には出てきませんが、「エコール・ド・パリ」に属する、20世紀ころに活躍した画家です。私は、聖堂を描いた彼の絵に出会った中学生のころから知った画家です。白を多く使った街の絵が有名でしょうか。以下にウェブサイトのアドレスを載せておきます。

http://www.matsuzakaya.co.jp/nagoya/museum/2017_utrillo/


2.「ゴッホとゴーギャン」(愛知県立美術館)1月3日~3月20日。
こちらはいずれも世界史の教科書でも有名。この二人を同時に取り上げる展覧会は日本初とのこと。
以下にウェブサイトのアドレスを載せておきます。

http://www.g-g2016.com/aichi/

2017年もいろいろなところを訪れ、学び、味わってきたいと思います。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

ギリシア考古学の父シュリーマン [展覧会などの情報]

名古屋市立博物館で行われている『ギリシア考古学の父シュリーマン』展へ行ってきました。シュリーマンといえばミケーネ文明を発掘した考古学者として有名な人ですね。今回の展覧会では、ミケーネ文明の様子、シュリーマンの実像、当時の考古学などが扱われています。

最初は、出土したつぼやコインなどが展示されていました。資料集でよく見かけるオレンジ色のつぼなどを見ることができました。

次は、おそらくメインであろうシュリーマンの直筆スケッチ。一つ一つのわずかな出土品で丁寧に扱っていることが見えるスケッチです(ただし、シュリーマンの遺跡の扱いには問題点もあったとはいわれる)。

その次は、予想していなかったのですが、古代エジプトの品物が展示されていました。シュリーマンの時代の考古学的発見ということでの登場です。ミイラの内臓をしまうカノポス壺や、棺などがあり、このコーナーはミニエジプト展といった感じでした。

最後は書物。シュリーマンの書いた本や、ナポレオン時代の本、シーバルトの本など、19世紀の本が展示されています。本好きにはたまらないでしょう。

シュリーマンの伝記には創作部分が多いとか、考古学的手法に問題があるとか、現在ではいろいろと言われています。とはいえ、コンパクトながらもスケッチや本など、なかなか見られないものがあり、なかなかの展覧会だと思いました。

お土産コーナーはオリジナルポストカードは少ないですが、なぜか黒曜石の矢じりやミニ土偶などがありました。


2017年1月29日までやっているようです。
前の10件 | - 展覧会などの情報 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。