So-net無料ブログ作成

平静28年度 展覧会情報 名古屋市立博物館編 [展覧会などの情報]

今年の名古屋市立博物館は、世界史系展覧会が熱い!!

1.特別展 アンコール・ワットへのみち インドシナに咲く神々の楽園
 (4月16日~6月19日)
「インド化」という用語が適切かどうかはともかく、東南アジアはインドの影響を大きく受けています。そんな東南アジアに見られるインドの神々に関する展覧会のようです。仏像やヒンドゥー教の神々が見られるようです。大型連休期間です。

2.特別展 世界遺産・ポンペイの壁画
 (7月23日~9月25日)
 世界史では、絵画というとルネサンスから主に登場してきます。とはいえ、ルネサンスは古代ローマやギリシアをモデルとしています。今回は、ポンペイを中心にローマの絵画を紹介するそうです。絵画という切り口に期待です。夏休み期間です。

3.特別展 ギリシア考古学の父 シュリーマン初公開!ティリンス遺跡原画の全貌
(12月17日~1月29日)
 初公開、わくわくしますね。古代ギリシアというより、シュリーマンが残したものを紹介するようです。シュリーマンは偉大な業績とともに、遺跡の誤った修復など悪評もあります。どのような姿が展示されるのでしょうか。冬休み期間です。


な、なんと3つも世界史系展覧会が。連休と重なっているので、機会がある方は是非。私も行く予定です。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

平成28年度 展覧会情報 浜松市美術館編 [展覧会などの情報]

遅くなりましたが、本年度、浜松市立美術館で開催される世界史系展覧会を紹介したいと思います。

「女性を描く~クールベ、ルノワールからマティスまで~」

11月14日(土曜日)~12月25日(金曜日)

フランスを中心とする、女性を描いた近代絵画が多数展示されるようです。教科書にも出てくるクールベやルノワールのほか、昨年度に展覧会があったマリー=ローランサンなどの作品が紹介される模様です。

冬休みに入るか入らないかの微妙な時期ですが、チャンスを作って行ってみたいと思います。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。