So-net無料ブログ作成
検索選択

平成28年度 展覧会情報 地理編 [展覧会などの情報]

今年の3月26日に新しく「ふじのくに地球環境史ミュージアム」がオープンするそうです。
場所は静岡県静岡市です。

ウェブページで見たところ、展示物は地学的なものや生物学的なもの(化石とか生物標本とか)が主なようですが、鉱物標本もあるようで、地理の参考にもなりそうです。また、コンセプトが地球の歴史を知り未来を作っていくというところにありそうなので、当然人類史も関連してくるのではないでしょうか。

「地球環境史」ということで、どのような広がりと深さを見せてくれるのか、今から期待大です。

交通の便に関しては、少し時間がかかりますが、公共交通機関で行くことができるので良かったと思います。静岡駅からバスと徒歩で40分くらいだそうです。

ウェブページのアドレスを載せておきます。
https://www.fujimu100.jp/

平成28年度 展覧会情報(愛知県美術館編) [展覧会などの情報]

年間日程がまだ出ていないので、すべてわかったわけではありませんが、直近の愛知美術館の展覧会を紹介したいと思います。

「黄金伝説展」2016年4月1日(金)-5月29日(日)。

黄金伝説というと、キリスト教聖者の生涯を描いた作品『黄金伝説』が思い浮かびますが、今回 はそれではなく、文字通り金をテーマにした展覧会のようです。

古来、金は装飾品などで文明を彩ってきました。今回の展覧会では、特に古代地中海世界にみら れた黄金の品物の数々が展示されるらしいです。

ブルガリアにローマ、さらにはギリシア神話にでてくる金の羊毛を求めたというアルゴ号にまつわる展示まで・・・。

輝きに目がない人から古代文明に興味がある人まで、楽しめそうな展覧会です。



平成28年度 展覧会情報 (名古屋ボストン美術館編) [展覧会などの情報]

今回は、金山駅のすぐ近くにある「名古屋ボストン美術館」の展覧会をお知らせします。

ルノワールの時代 近代ヨーロッパの光と影」3月19日~8月21日。

産業革命によって進展した資本主義と都市化。それがもたらした光と影。この時代の都市と田園をテーマに描いたルノワールやモネ、ミレーなど写実主義~印象派までの画家たちの作品を展示するようです。その絵を通して、産業革命のころのヨーロッパの様子を浮かび上がらせていくのでしょう。

紹介によると、都市化と田園への憧憬、オースマン知事(ナポレオン3世時代のセーヌの知事)のパリ大改造などが重要なテーマになっているみたいです。

春休みから夏休みまでやっているのがいいですね。金山駅で降りてすぐなのもポイントが高いです。

ウェブサイトのアドレスを載せておきます。
http://www.nagoya-boston.or.jp/exhibition/list/renoir-201603/outline.html
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート