So-net無料ブログ作成
検索選択

少年十字軍 [本の紹介]

少年十字軍は、世界史用語としては細かい部類に入るかもしれません。まず、簡単に紹介します。

十字軍は、聖地エルサレムを取り返さんとするキリスト教徒の遠征ととらえればよいと思います。11世紀から(諸説あるが)7回にわたって行われた遠征で、勇猛な英国のリチャード獅子心王や寛容で知られるイスラームの英雄サラディンなどの人物が活躍しました。

そんな中で、13世紀ころ、子供たちが聖地に向かうという出来事が起こりました。それが少年十字軍です。

前置きが長くなりましたね。本日は、この出来事を小説化した皆川博子さんの『少年十字軍』という本を紹介したいと思います。

作品は、ルーという野生の少年が登場するところから始まります。彼は、少年エティエンヌ(史実のようです)たちの少年十字軍にあい、彼らと同行することになります。

途中で彼らは、何かが隠されているような修道院、同じく少年十字軍を率いるライバル?のレイモンとの出会い、様々な苦難や欺瞞などを経て、聖地エルサレムを目指していきます。その結末は??

史実では、少年たちは奴隷として売り飛ばされてしまったようなのですが、この作品ではどのような結末が待ち受けているでしょうか。

本書は、特に世界史的な予備知識はなくても読み進めることができると思いますし(第4回十字軍やギリシア火を知っていると少し展開が読めるかもしれない)、また、読んだからといって世界史の知識が飛躍的に増える、というものでもありません。むしろ、群衆運動や煽動のメカニズムに関する洞察が深まるかもしれません。

小説らしく途中で事件がおこったり、誰かが怪しいぞっ、というミステリ的興味もあります。また、中世の雰囲気は感じ取れるかもしれません。十字軍に詳しい人も、そうでない人も、ぜひ。


([み]5-1)少年十字軍 (ポプラ文庫)

([み]5-1)少年十字軍 (ポプラ文庫)




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

ネーデルラント旅日記 [本の紹介]

ルネサンス時代のヨーロッパを旅してみませんか?

先日たまたま古本屋さんで、アルブレヒト=デューラーの『ネーデルラント旅日記』という本に出会いました。本日は、その本を紹介したいと思います。

デューラーは、版画に優れた芸術家で、聖書を題材にした作品を多く残しています。そのデューラーが、年金の支給を願いに旅に出るのですが、その時のお金のやり取りを中心とする記録が本書です。

○○に××ペニッヒ渡した。□□を××シュトゥーバーで買った・・・というような記録がずらりと並んでいます。それが面白いのか、ということですが、なかなかどうして、興味深い作品です。

どのような興味深さがあるのでしょうか。

1つには、当時の社会の様子が浮かび上がってくるからです。関所の制度や交通、当時の品物や時折出てくる祝日の描写などから当時の人々が見えてきます。

2つには、ルターへの評が秀逸です。誤報なのですが、「ルターが死んだ」という情報が載せられています。それを受けてデューラーはルターの教えはまさに福音であることを情熱的に数ページを使って述べています。全体的に数字の記録が延々としている本書としては異色の部分です。宗教改革がいかにインパクトがあったかが見えます。

そのほか、どのような品物が当時は高値だったのかを見たり、日本の物価と比べてみたり、「魚のひれ」などの奇妙な商品に驚かされたり、ギャンブルに負け続けているデューラーの様子を見たり、当時の病気が治るまでの長さを見たり、いろいろと見どころはあります。

ルネサンスのころの社会史や経済史や暮らしに興味がある方は、読んでみるのも一興かと思います。



デューラー ネーデルラント旅日記 (岩波文庫)

デューラー ネーデルラント旅日記 (岩波文庫)




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

新版 スピードマスター世界史 [本の紹介]

私のおすすめ問題集は、何といっても山川の『スピードマスター世界史』なのですが、このたび、新版が出されたようです。新版について、簡単に紹介したいと思います。

まず、スピードマスターそのものですが、これは、穴埋め式の問題集です。世界史の内容を30テーマに分け、各テーマごとに短文穴埋めの問題が用意されています。それを何回も解くことで、しぜんに流れと重要用語が身についていく問題集です。

上述の点については、旧版・新版ともに変わりません。ここからは、新旧の違いを見ていきましょう。

1点目は赤色の使い方。新版では、ポイントのまとめのところで、重要事項を赤色にするだけでなく、太い文字であらわしています。さらに、問題文中でも重要用語が出てきたときには、その用語を赤太字で記しています。この点は、何度も解いてしぜんに頭に入ってくるという点で改良であると思います。

2点目はカッコの大きさ。新版のほうが本文中の空欄のカッコが大きくなっています。しかし、この問題集は書き込まずに何度もやるのであまり利点とは言えないように思えます。また、カッコが文をまたいでいるのが少し見づらいです。ここは新版のマイナスポイント。

3点目は、問題数の増量です。旧版では1テーマにつきカッコの数は40前後でしたが、新版では60前後に増えています。新課程を意識した、というよりは網羅度を高めているのではないか、と思います。ただし、明の辺りの日本の動向はやや詳しく扱われています。

そのほか、タリバンや量子力学等、現代史が増強されていることなども特記事項かと思います。
旧版を持っている人でも、さらに深めるためにやってみてもよいあと思いました。


スピードマスター世界史問題集―世界史B

スピードマスター世界史問題集―世界史B



これが新版



30日完成スピードマスター世界史問題集世界史B

30日完成スピードマスター世界史問題集世界史B

  • 作者: 佐々木 巧
  • 出版社/メーカー: 山川出版社
  • 発売日: 2006/12
  • メディア: 単行本


こっちは旧版