So-net無料ブログ作成

エリック・サティとその時代展 [展覧会などの情報]

浜松市立美術館で開催されている『エリック・サティとその時代展』へ行ってきました。

サティについては不勉強であまり詳しく説明できませんが、音楽の異端児や「家具の音楽」(日常に溶け込む音楽)などのキーワードがあるようです。後者は「3つのジムノペディ」を聴いてみるとそのような気がすると思います。また、サティは奇妙な題名の曲でも知られています。『干からびた胎児』『犬のためのぶよぶよした前奏曲』とかがあるようです(1)。

本展覧会では、サティの楽譜、肖像画、サティが関与したバレエのスケッチ(ピカソも関与している)当時のポスター、雑誌絵などが展示されています。時代は、19世紀後半から20世紀前半にかけて。帝国主義から戦間期辺りとなっています。

さらに、ピアノによる自動演奏、バレエの再現映像、「スポーツと気晴らし」の紹介映像など、音楽と映像を多く盛り込んでいます。

サティを中心とした、パリの芸術界の雰囲気を伝える展覧会です。ちなみに、エリック=サティは世界史の教科書には出てきません。サティーで調べると、インドの寡婦殉死の習慣が出てきます。

ミュージアムショップでは、関連書籍、ポストカード、フランスのお菓子、CDなどが置いてありました。あまり知らなかったサティの世界に、興味を持ちました。もっと聴いてみたくなります。

ウェブページのアドレスを載せておきます。
http://www.city.hamamatsu.shizuoka.jp/artmuse/tenrankai0917.html



(1)この段落は飯尾洋一『クラシックBOOK』三笠書房、2007、pp.152-5、(王様文庫)を参考にした。


クラシックBOOK―この一冊で読んで聴いて10倍楽しめる! (王様文庫)

クラシックBOOK―この一冊で読んで聴いて10倍楽しめる! (王様文庫)

  • 作者: 飯尾 洋一
  • 出版社/メーカー: 三笠書房
  • 発売日: 2007/01
  • メディア: 文庫



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

西洋絵画BEST100 [本の紹介]

今日は、コンビニで見つけて購入した『西洋絵画BEST100』という本をご紹介したいと思います。

この本は、やや大きめの紙面で、100の絵画を紹介しています。1ページに2作、1ページ1作、もしくは2ページで1作載せられています。結構大きめで、色もよく出ていると思いますので、眺める、鑑賞するにもよいと思います。

掲載されている作品は、世界史でも定番の作品が多いです。『春』『ヴィーナスの誕生』『夜警』『民衆を導く自由の女神』『印象、日の出』など、世界史学習者でその範囲まで勉強した人は、見聞きしたことがあることでしょう。

その他、教科書には登場しませんが、ルドン、モンドリアン、モディリアーになど、比較的新しい画家も取り上げられています。ただし、シュルレアリスムやキュビズムはありません。もっとも100に絞る以上、なにかは削らなければならないので、それ自体は仕方のないことでしょう。

この本の良いところは、取り上げている時代が広いこと、資料集に比べて大きく、色が鮮やかであることなどがあります。ぱらぱらと眺めているだけでもハッピーになれます。その他、どこのびじゅつかんにあるか、や、略年表などの付録がついています。

ただ、解説に関しては詳しくありません。寓意の読み方や、「マニエリスム」や「バルビゾン」っていったい何?という疑問には直接は答えてくれません。この辺りは調べてみると面白いですけど。

そのため、調べるときには適切な文献でないかもしれません。「世界史資料集から、絵画だけを抜き出したい」「もっと大きく、鮮やかな資料集がよかった」などの思いがある人には、大きくお勧めします。


西洋絵画 BEST 100 (TJMOOK)

西洋絵画 BEST 100 (TJMOOK)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 宝島社
  • 発売日: 2015/09/12
  • メディア: 大型本



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。